豊胸手術で植物状態に・・(豊胸手術の失敗例)

豊胸手術中の麻酔ミスで植物状態に

豊胸手術中の医療事故で、術後、植物状態になってしまった、という事例です。被害にあったのは、当時26歳の女性。

豊胸手術中の医療事故で、生涯にわたって、植物状態で過ごすことを強いられることになってしまいました。

しかも、新婚1年目で、旦那さんは、一生彼女の介護を背負うことになってしまったのです。綺麗な胸が手に入ると信じて、手術に踏み切った結果が、26歳にして、一生のハンデを背負うという結果・・

とても痛ましい事件です。

 危険な全身麻酔に、麻酔専門医も置いていない

手術をする病院には、”麻酔専門医”がいます。大きな病院ですと、”麻酔科”があります。

当時”無痛で手術が受けられる”ということでかなり派手に広告を出していたようです。当時、このクリニックでは、麻酔専門医も、看護婦もいなくて、執刀医が、麻酔からすべて一人でこなしたそうです。

全身麻酔をうち、豊胸手術が完了したものの、患者さんは、麻酔から目が覚めず、麻酔医がいない状態で、適切な処置ができず、脳の低酸素状態、悪性熱を発症。

救急車で病院に搬送したものの、手遅れ。一命は取り留めたものの、植物状態の後遺症を残してしまった、ということです。

 

派手な広告宣伝の現実は・・・

・芸能人と提携

・日本で唯一、無痛手術が受けれれるクリニック

 

などとして、派手に宣伝していたそうです。豊胸手術のデメリット、リスクの説明もなく、
豊胸手術のメリットばかりを説明して、被害にあった患者さんを、手術に踏み切らせたとのこと。

 

インターネット上の広告って、良いことばかり書いてあるし、宣伝がうまいところ=技術が高いクリニックとは限らないので、本当に注意が必要ですね。

 

豊胸手術は、胸にコンプレックスのある女性にニーズがあるから、100万以上もかかる費用をかける手術が成り立ちます。

 

しかし、胸に異物を入れる手術は、さまざまなリスクが伴うし、”本当の意味での健康な美しさ”が手に入る訳ではないと思います。(乳がんなどで、胸を失った方は別)

1回の手術で(数十分で終わる)100万以上の高額な手術費。派手に宣伝して、お客を集めようとする心理・・お金儲け主義の方が多いのも事実な気がします。

本当の美を追求するなら、”胸にシリコンを入れる”なんてこと、勧められない気がしますね。この事故で将来を奪われてしまった患者さん。

植物状態になった彼女を一生介護することになってしまった彼女の旦那さん。
お金儲けの犠牲になった、とすら思います。自分の体にメスを入れる危険性をよく考えて頂きたいです。

危険で高額な(100万以上もする)豊胸手術を受ける覚悟があるなら、本気で自然な育乳、バストアップの努力をしてからでも遅くないですね。

 

TOPページへ戻る⇒バストアップ方法 | バストアップ方法ブログ!胸を大きく 美乳に!

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ