胸が垂れる原因と対策

胸が垂れる原因は、3つ!

胸が垂れる・・

 

 

たれぱんだのような、垂れ胸は避けたいですよね。

 

 

30代、40代以降はもちろん、10代、20代の方もいまから予防とケアをしておいたほうがいいです。

 

 

一度無惨に垂れたす胸は、戻すのは大変。

油断していると、気が付いたら、たれぱんだ、ということにもなりかねないので、しっかり知識をつけて、ケアをすることが大事!

 

 

胸が垂れてしまう原因は、主に3つ。

 

 

  • 年齢的な原因。
  • クーパー靭帯が切れてしまった。
  • 出産を期に。

 

 

きちんとケアをすれば、形の良い、上向きのバストを保てる、

取り戻すことができます!

 

 

”年齢的なもの”

お肌と同じで、バストも下がります。

コラーゲンも減りますし、

女性ホルモンの減少によって、バストのハリがなくなります。

 

 

 

バストを支えている乳腺が減って、脂肪に置き換わってしまうことも原因です。

 

 

 

また、バストを支える土台となる、大胸筋の筋肉も鍛えなければ落ちてしまいます。

 

 

お肌と同じで、たるみ予防、ケアが必要なのです。

 

クーパー”靭帯が切れてしまった、伸びてしまった”

スポーツなどで、胸が揺れると、クーパー靭帯は

簡単に切れてしまいます。

 

 

 

スポーツをするときには、クーパー靭帯を守る、

ポーツ用のブラがおススメです。

 

 

 

残念ながら、これは切れてしまうと、もとに戻りません・・

だからこそ、クーパー靭帯が切れること、伸びることを予防する必要があります。

 

 

 

 

busutkouzou

 

 

 

出産・授乳

出産して、赤ちゃんにおっぱいをあげている間、

女性ホルモンの影響で、バストがパンパンになりますよね。

 

 

 

授乳が終わった後は、空気が抜けた風船と同じなんです。

 

 

 

出産前の綺麗でハリのあるバストはどこへ・・

 

 

 

気が付けば、見るも無残なバストに・・

 

 

 

これも、正しいケアをすれば、出産前のバストに戻すことは可能です。

 

垂れるのを防ぐ、垂れた胸を戻すには

スポーツが好きな方(特に、マラソンなど、胸が揺れるスポーツ)は

必ずスポーツブラをしましょう。

 

クーパー靭帯を守るおすすめのスポーツブラ

 

いろいろなメーカーがスポーツブラを出していますが、

やっぱりおすすめは、ワコールのスポーツブラです。

 

 

 

ワコールスポーツブラ cw-x

バストを支えて、上下の揺れを防ぐために、しっかり設計されています。

ランニングしても、全く揺れない作りになっています。

 

他のメーカーもあるのですが、普通のブラとあまり変わらないんじゃないかな、

とちょっと心配です。

 

 

年齢的なもの、産後による胸が垂れてしまった場合のケア

この場合は、乳腺を刺激して発達させること、

リンパマッサージが効果的です。

 

 

 

おすすめは、バストあっぷるん(バストケアのDVD)

 

 

 

バストあっぷるんは、乳腺ドレナージュという、乳腺を発達させるマッサージと、バストアップに効果的なリンパマッサージのDVD。

 

 

 

かなりロングセラーで売れていて、たくさんの方が、バストの垂れを改善しています。

(私もバストあっぷるんのケアは体験済み!)

 

 

著者の戸瀬恭子さん自信も、産後の胸の垂れを改善した経験があって、

その経験をもとにDVDを作られたそうです。

 

 

バストの垂れを改善したいなら、一番このDVDがおすすめです。

 

bustupdvd

12000人がバストアップ成功した!戸瀬恭子さんのバストアップ法

 

 

 

TOPページへ戻る⇒バストアップ方法 | バストアップブログ!胸を大きく 美乳に!

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ