バストアップに必要な女性ホルモンの状態を把握するには

バストアップのために、自分のホルモン状態を知ろう

バストアップのために、女性ホルモンはとっても重要。

でも、バストアップだけじゃない、女性ホルモンの働きを順調に保つことは、

 

 

 

女性として健康であるかどうか知るために、

自分のホルモン状態を知ることはとっても大事です。

 

 

女性ホルモン・・エストロゲン、プロゲステロン、

 

エストロゲンは、卵巣を育て、排卵を促したり、子宮の内膜を厚くして、

着床(精子と卵子が合体して、子宮の中でとどまること)を助けたり、

 

 

プロゲステロンはさらに排卵が起こって、高温期になると、さらに

子宮内膜を厚くして、妊娠しやすい環境を整えてくれる役割があります。

 

 

卵巣の中で卵子が育つ→排卵→着床のための準備→着床しなければ、子宮内膜が

はがれおちて、生理になる。

 

 

生理前にバストが張ったり、お肌が荒れたり、生理が終われば、エストロゲンの

働きが優勢になって、お肌の調子が良くなったり・・

 

 

 

これらの働きは、すべて、女性ホルモンの働きの変化によるものなんですね。

 

 

 

女性ホルモンのバランスが女性の美と健康のカギを握っている、といっても過言ではありません。

 

 

バストに関しても、乳腺の発達、ハリのあるバスト・・

カギを握っているのは、女性ホルモンです。

 

 

自分のホルモンの状態を知っておいて、対処することは、とっても大事です。

 

 

病院で、エストロゲン、プロゲステロンの検査を受けることはできますが、

普段、なかなかこの検査を受けることはないと思います。

 

では?

 

今の自分のホルモン状態を知るには?

 

 

それは、”生理”です。

 

 

 

バストアップと生理・・関係ないのでは・・・と思われるかもしれませんが、

多いに関係があります。

 

 

生理は、女性ホルモンのバロメーター。

 

 

  • 女性ホルモンが順調に排出されている(28日~38日周期)
  • 基礎体温が低温期と高温期で0.3度以上差があり、14日間の高温期

 

まずは、これが大事。

このサイクルが整っているということは、女性ホルモンがきちんと

分泌されて、働いているという証拠。

 

 

 

 

このサイクルがきちんと整っていることが、”バストアップ”

”綺麗なバストを保つ”条件になることは間違いありません。

 

 

生理に深くかかわる、エストロゲン、プロゲステロンがバランスよく分泌され

ていなければ、バストのハリがなくなり、乳腺が減少する、といったことが

起こってきます。

 

 

だから、女性ホルモンが大事、生理の状態を把握して、生理不順を起こさない

ことが大事なのです。

 

女性ホルモンの状態が良くない、生理不順の場合は・・

生理不順、女性ホルモンの状態が良くない場合は、

まず、婦人科へ。

 

 

婦人科へ行けば、血液検査など、細かく今のホルモンの状態を検査することができます。

 

 

そうなる前に、カラダの芯から女性ホルモンを整える方法。

冷やさない(絶対冷やさない) ノンカフェインのルイボスティーがおすすめ!

夏でも、冷房がかかるので、腹巻など・・

 

 

体を冷やす食べ物を取らない おすすめは、根菜類です(ごぼう、にんじん、大根、かぼちゃなど。玄米もおすすめです。)

 

 

当然ですが、ストレスをためない。(無理しないことが大事。頑張らない。)

 

 

女性ホルモンを増やすには、豆乳を飲むこと、サプリを飲むこと、

そんな単純ではありません。

 

 

もっと深く、女性ホルモンの働きについて、理解すること!

そうして、女性ホルモンを良好な状態に保って、ずっと美乳で過ごしましょう。

 

 

 

 

 

 

bustupdvd

1日2分26秒・簡単バストアップ法

 

 

 TOPページへ戻る⇒バストアップ方法 | バストアップブログ!胸を大きく 美乳に!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ