豆乳でバストアップ!美も健康も手に入る豆乳活用術

豆乳の健康成分

こんにちは!

あつこです。

 

 

 

 

今日は、綺麗で健康でバストアップにも効果がある!

豆乳と、私の豆乳ドリンクレシピをご紹介します!

 

 

 

 

豆乳でバストアップできるの?

という疑問も湧きますよね。

 

 

もちろん、豆乳だけではなくて、食事、睡眠、エクササイズ、

バストマッサージとの組合わせが必要ですが、

続けることで、必ず効果はありますし、美肌にも健康にも良いので、

是非試してみることをおすすめします。

 

 

(以前、きなこがおすすめ、という記事を書いたのですが、

豆乳も、きなこも、は過剰に取りすぎなので、どちらかにしてみてください!)

 

 

 

 

豆乳に含まれる、大豆イソフラボンは、

女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをする、

というのは有名な話ですが、それ以外にも、

 

 

  • 大豆たんぱく
  • レシチン
  • サポニン

 

  • カルシウム
  • 鉄分
  • 亜鉛

 

などなど。

 

 

(コンビニで良く見かけて、私も良く飲んでいる、

紀文の豆乳の成分を調べてみました・・)

 

大豆イソフラボン以外にも、

美容健康成分がたっぷり・・・

 

tonyuseibun

 

 

 

ざざっと、豆乳の健康成分についてまとめみます!

 

一言で言うと、

 

低カロリーで、肥満防止、アンチエイジング、

女性ホルモンと似た働きの成分を補填するので、

”バストアップにもダイエットにも効果あり”それが豆乳です!!!

大豆たんぱく

大豆たんぱくは、基礎代謝を活発にする働きがあるそうです。

しかも、お肉やお魚にふくまれる、動物性たんぱくよりも、

低カロリー!

(とはいってもお肉やお魚にしか含まれない栄養素もあるので、

お肉もお魚も食べましょう。

お魚には、DHA/EPA(血液さらさら効果)

、お肉には、ビタミンB群(美肌効果)などなど・・)

大豆サポニン

血液中のコレステロール、余分な脂肪を除去してくれ、肥満防止に

効果があります。

そして、イソフラボンと同様、抗酸化作用があるため、

老化防止(アンチエイジング)が期待できます。

 

 

イソフラボン

更年期・骨粗鬆症の要望だけでなく、

抗酸化作用アリ・・

アンチエイジングにも効果あり!ということです。

レシチン

コレステロールを減少させて、動脈硬化を防ぐ働き

があります。

脳を活性化して、認知症の予防にも効果があります。

 

 

私の豆乳レシピ

以前、豆乳を使ったレシピも記事にしていますので、

参考にしてください~

http://beautylesson-blog.com/archives/1209

 

 

 

 

最近、豆乳もいろんなフレーバーが出ているんですね。

 

 

 

 

 

私の場合は、最近購入したミキサーで、手作りジュースを

作ることにはまっています。

 

 

 

豆乳+バナナ+ゴマドリンクを作るのがお気に入りです。

そこに、コラーゲンパウダーをプラス。

 

 

バナナが糖分が多いのがちょっと気になりますけれど、

ゴマは、抗酸化作用が強い、ビタミンEがたっぷり。

アンチエイジングを意識する方にもおすすめです。

 

 

 

 

このドリンクは手軽にできて、とってもおいしいので、

是非が試してみてください!

 

 

 

豆乳+青汁もおススメです。

これは、ちょっとクセがあるかな・・・

 

 

 

バストアップにも、アンチエイジングにも効果がある豆乳って素晴らしい・・

(飲みすぎには注意してください~)

 

 

 

bustupdvd

1日2分26秒の簡単バストアップ法

 

 

 

TOPページヘ戻る⇒バストアップ方法 | バストアップブログ!胸を大きく 美乳に! 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ