胸から痩せないために!効果的なある食べ物とは?~ジャックママ語録~

ダイエットで胸から痩せてしまわないために必要な栄養素

先日、バストアップのカリスマ、戸瀬恭子さんにお会いした際に、

お伺いしたバストアップの秘訣を、いつくかご紹介していきたいと思います。

 

 

ダイエットしたら、胸から痩せました。

デコルテがガリガリになりました。

 

 

こういったご相談を受けることも多いですね。

 

 

女性ホルモンを活発にする、

食べないダイエットをせずに、しっかり食べて、

そして、運動とリンパマッサージをする。

 

 

これは、基本中の基本ですが、

 

 

じゃあ、バストを残して、綺麗に痩せるために、

ダイエット中に積極的に食べたいものとは?

 

 

これは”赤身のお肉”だそうです。

 

 

oniku

 

 

 

脂肪分の多いお肉だと、ダイエット中に不向き。

 

 

ダイエットも成功させて、そしてバストのお肉を落とさずに

保てる食材は、”赤身のお肉”

 

 

 

もちろん、こればっかりは良くありません。

お魚、野菜、バランス良く食べるのはとっても重要ですが、

お肉を食べるとすれば、脂肪分の少ないお肉を食べるのが

とっても良いそうです。

 

 

 

バストアップに”お肉”を食べることは大事とは知っていましたが、

”赤身のお肉”というとことは、私も知りませんでした。

 

さすが、ジャックママ。

 

 

なぜ、赤みのお肉??

ではなぜ赤みのお肉がおすすめなのでしょうか??

 

 

 

それは、赤みのお肉には、”Lカルニチン”という成分

がたっぷり含まれているから。

 

 

 

Lカルニチンは、ダイエットサプリに良く使われている成分です。

代謝を上げ、脂肪の燃焼を促してくれる効果があります。

 

 

 

赤身のお肉、お肉全般にこのLカルニチンという成分が

含まれているからです。

 

 

脂肪の多いお肉は、ダイエット中には不向きですね。

 

 

そして、タンパク質も豊富に含まれています。

 

 

ダイエット中だからこそ、積極的に食べたいお肉。

 

 

カロリーだけ見て、お肉がダイエットに良くないからと、

摂取せずに、野菜だけ、などの無理なダイエットをすると、

タンパク質も不足して、筋肉が弱ってしまいます。

 

 

代謝も下がり、

バストの土台となる大胸筋も減り、

 

 

バストが痩せてしまった・・とう結果になりかねません。

 

 

 

もちろん、食べ過ぎはNG。

他の食材も合わせて、

野菜ー根菜(体を温めます。)、緑黄色野菜

海藻類(ひじきや、わかめ。1日に1回は取りたい)

豆類(納豆など。大豆イソフラボン)

魚(血液サラサラ効果)

 

などなど・・

たっぷり栄養を取りましょう。

 

 

PS・最近良く、ダイエット本なんかで、〇〇は食べちゃダメ!

という内容を見かけますが、何が正しいのかなと思いますよね。

今まで通り、普通にお母さんが作ってくれた料理に近いものを

ものをきちんと食べるのが良いのです。

 

 

食は体を作る。美を作る。

美バストも、バランスの良い食事から。

健康あっての、美乳です。

 

 

binyukakumeidvd

ジャックママサロンでの無料指導付!!!

12000人が成功したバストアップ法

 

 

TOPページ⇒バストアップ方法 | バストアップブログ!胸を大きく 美乳に!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ