乳腺を発達させる方法はある?

乳腺と女性ホルモンの関係

uprunbestpoint

あなたのバストアップをサポートしますあつこです

乳腺の発達と、バストの大きさ、ハリは、切っても切れない関係にありますバストがおおきくて、 ハリがあるということは、脂肪だけではなくて、乳腺量が多いということ

じゃあ、乳腺を発達させるには、どうしたらいいの?年齢とともに乳腺は減ると言われているけど、どうしたら、食い止められるのでしょうか?

この乳腺の発達、量には、女性ホルモンが深くかかわってます女性ホルモンの分泌を活発にしてあげること、バランスを整えることが、乳腺発達のカギ!

乳腺を発達させる、女性ホルモン

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。おっぱい、卵巣、子宮は、この2つのホルモンを介して繋がっています

脳の下垂体から、卵巣を刺激する卵胞ホルモン、黄体ホルモンが出ることで、生理中にはバストが張ったり、生理が終われば、バストの張りが戻ったり。

バストに大きな影響を与えるホルモンです。乳腺を発達させる、エストロゲンの働きエストロゲンは、子宮、や乳房、体全体、
自律神経や脳に働きかけて女性らしいやさしさ、柔らかな心と体を作り出します。

生理後から、排卵前に分泌されるホルモンです。この時期は、お肌も綺麗だし、精神的にも安定しています。

乳腺を発達させるプロゲステロンの働き

プロゲステロンは、排卵後から生理前までに多分泌されるホルモンです。妊娠を助けるホルモン、妊娠していない場合に月経を促すホルモンです。

生理前にバストが張るのも、このプロゲステロンの働きによるもの。

エストロゲンは、女性らしい体と心を作り、そして、プロゲステロンは、子供を産み育てるための大事なホルモンです。どちらも、乳腺を刺激して、発達させてくれる働きがあります。柔らかくて、女性らしい体とおっぱいを作り出しす、乳腺の発達を促すのが、この2つのホルモンなのです(・ )( ・)

 

joseihormon

<女性ホルモン・エストロゲン・プロゲステロンの変遷>

上の図のように、適正な時期にきちんと女性ホルモンが分泌される、
はたらいてくれる状態であることが、女性ホルモンのバランスが取れているということ。

女性ホルモンを整えるポイントは、ストレスをためないよう心掛ける、夜ふかしをしない、

  1. 大豆製品(納豆や、きなこ、豆乳製品をとる)
  2. 女性ホルモンに効果のあるツボを押す
  3. 体を冷やさない

乳腺を発達させる方法、乳腺マッサージが効果大!

リンパの流れを良くして、胸の血行促すことは、とっても大事

バストアップだけではなくて、乳がんを防ぐことにもつながります昼間、ブラをしっかりつけていると、圧迫されて、リンパの流れが滞るもの

そういう方は、特に、脇の部分のリンパを流し、乳腺のマッサージをして、血行を良くして、代謝を上げてあげることで、乳腺を発達させてあげることができます

女性にとって、リンパの流れを促してあげることは、とっても大事。バストの健康のためにも、リンパマッサージは、とっても有効

私も毎日、お風呂の中で、バストのリンパマッサージをやっていますよ^^毎日毎日マッサージをすることで、バストのハリが全然変わってきます(ポイントは、少しずつでも、毎日リンパを制すもの、乳腺とバストアップを制すといっても過言ではありません!

もちろん、食事など女性らしいカラダの土台を作る取組みは必要です!私がAカップからD(E?笑)にバストアップした地道な取り組みをまとめているので、こちらも参考にしてくださいね!↓↓

bustuphouhou

 

TOPページへ戻る⇒バストアップ方法 | バストアップブログ!胸を大きく 美乳に!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ