胸だけに脂肪を付ける方法

太らずに胸だけを膨らませたい・・・!!

読者様からの相談で良くいただくのが、太ってるのに、胸がないんです!太りたくないです!胸だけ大きくししたいです!ということ。

逆に、

痩せたら、胸も一緒にがりがりになってしまいました・・・助けてください~。というメールもいただきます。

まず、基本的に”胸に脂肪を付けてバストアップ”は間違い。

脂肪ではなくて、乳腺を発達させる、増やす努力をすることです。

 

nyusen

 

胸に脂肪を付けようと思ったら、当然体に脂肪をつけなければなりません。もちろん、体に合ったブラを選んで、脇のお肉を胸に持ってくる、背中に流れたお肉をバストに移動させる、ことも可能です。

食事もバランス良く食べて、ある程度体にお肉が付かないと、さすがに、バストだけに、”ボン”とお肉は付きません。

でも、乳腺を発達させれば、太らずにバストを大きくすることは可能なのです。

考えてみてください!

バストを膨らませているのは、脂肪ではありません。

そう・・・

”女性ホルモン”なのです。

そして、

女性ホルモンによって、乳腺は発達します。乳腺の発達によって、胸が膨らみ、赤ちゃんにミルクをあげられるようになるわけです。バストが膨らんでいるのも、真ん中に乳首がついていいるのも、女性として、赤ちゃんが育つためのミルクをあげるため。

そのために、女性ホルモンが働いてくれて、バスト(乳腺)が発達するわけです。

※なんで、必要ないのに、男性って乳首があるのでしょう・・使い道ないですよね。

だから、年齢とともに、乳腺が減っていくということも、うなずけますね。赤ちゃんを育ておわって、役割の終わったおっぱいはしぼんでしまうわけです。

この、”乳腺を発達”させることが、太らずに胸を膨らませるカギです。(脂肪ではなくて、乳腺です。)

脂肪ではなくて、乳腺を増やす!減らさない!

では、乳腺を増やす、減らさないには?女性ホルモンのバランスがとっても重要。私がなんどもこのブログで書かせて頂いているとおり、

  • 食事、
  • 睡眠、
  • エクササイズ

は、基本中の基本です。

これらの生活習慣が乱れている場合、不規則な生活を送っていたら、女性ホルモンのバランスがくずれるだけでなく、美肌や、バストの成長に欠かせない、成長ホルモンが分泌されず、乳腺は発達しません。

 

  • バランスの良い食事、
  • 12時前には就寝すること
  • 運動不足ではないか

このあたりの基本は、私がみっちりまとめているので、ご覧になってみてください!

 

プラス、乳腺を発達させる、減少を食い止めるには、”乳腺マッサージ”が効果的。バストトップを刺激して女性ホルモンの分泌を促すことと、バスト周りのリンパマッサージで血行を良くしてあげると効果大!です!!

 

rymphmassage3

 

バストクリームを使って、やさしくやさしくマッサージ。バストの健康のためにも、毎日続けてくださいね!

正しい方法でやらないと、逆効果で、脂肪が減ってしまう可能性もあります。乳腺マッサージの方法をまとめたDVDの教材は、正しい乳腺ドレナージュの方法が動画で分かりやすく解説されているので、おすすめですよ!バストあっぷるんも戸瀬恭子さんのDVDでとっても参考になりますが、美乳革命は、さらに進化して乳腺マッサージがわかりやすく収録されています!

 

乳腺ドレナージュの正しいやり方が分かるDVD・美乳革命

 

TOPページへ戻る⇒バストアップ方法 | バストアップブログ!胸を大きく 美乳に!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ