離れ乳と脇肉は対処すれば治ります

横に流れてしまったお肉を集めて、綺麗な谷間を作る!

お肉が脇に流れてしまっていて、谷間がない

 

 

ブラのワキから、お肉がはみ出てます。

 

 

こんなお悩みはありませんか?

 

 

胸の谷間

 

 

 

綺麗な谷間のバストになりたいーーー

 

 

 

 

大丈夫。

きちんと対処すれば、”お肉は動きます”

 

 

脇に流れるお肉すらありません。

 

 

そんな方も、多少なりとも、お肉はあるのですから、

谷間を作ることは可能です

 

 

サイズアップのためには、バストマッサージ、リンパケア、

大胸筋のエクササイズが基本ですが、形の良い美乳になるためには、

もう1ステップが必要。

 

 

一番大事なことは、

”脇肉、離れ乳を改善するために作られたブラを付けること”

 

 

これが一番確実なのです。

 

 

離れ乳と脇肉のためのブラ選び

 

私自身、ちょっとバストが離れがちで、脇にお肉がよりやすい体型。

 

 

そもそも、欧米人に比べて、脇にお肉が広がり安いのが、日本人の

体型です。

 

 

正しいブラのつけ方として、脇のお肉としっかりブラのカップ中におさめる、

というのが方法の一つですが、

実は、合わないブラの中に、一生けんめいブラにお肉を詰め込むことは、

逆効果

 

 

脇肉をホールドする、お肉を中心に集める機能のないブラをつけていると、

お肉を押し込んだとしても、

付けているうちに、脇肉がブラからはみ出してきてしまいます

 

 

 

また、合わないブラで、バストがつぶされてしまう、という結果にも

 

 

 

そして、離れ乳と脇肉を形状記憶してしまいます

(経験済みです~)

 

 

だから、離れ乳、脇肉(バストが脇に寄ってしまってる)の方は、

しっかり脇のお肉を真ん中に寄せる機能があるブラを選ぶことを

おすすめします

 

 

先日、育乳ブラchabiをご紹介しましたが、chabiは、日本人の

体型に合わせて、しっかり脇肉をキャッチし、離れ乳を真ん中に寄せる

立体的な設計になっています。

 

育乳ブラchabiの体験談

 

 

chabibra

 

 

つまり、脇肉キャッチ+真ん中寄せ機能のあるブラを選ぶ

正しいブラのつけ方

 

 

この2つを抑えることで、離れ乳は改善されていきます

 

 

なんども言いますが、お肉は動きますし、正しい位置に固定することで、

その位置に整形されていきます

 

 

 もう一つ・・離れ乳を治すためにやってはいけないこと

もうひとつ、綺麗な谷間を作る、離れ乳防止のためにやってはいけないこと。

 

それは、

 

 

”パットです”

 

 

胸を大きく見せたいがために、大きなパット、入れていませんか??

 

 

実は、これがバストをつぶしてしまう原因、バストの高さを損なう

原因になるのです。

 

 

ずっとバットを入れたまま、バストをつぶした状態ですごして

しまうことは、NG。

 

 

パットを入れていた方は、今日から、パットを外しましょう
bustupdvd

 1日2分26秒でできる簡単バストアップ法

 

 

 

TOPページへ戻る⇒バストアップ方法 | バストアップブログ!胸を大きく 美乳に!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ