間違ったブラジャーの選び方~パットはNGです~

パットはバストをつぶしてしまう

バストをボリュームアップさせて見せたいばかりに、

ブラをパットに詰め込んでいる・・

 

 

こんなことありませんか?

 

 

実は、パットを入れることは、バストがつぶれてしまう原因に・・

 

 

 

 

パットは不要、または、バストをつぶさないうすいパットの入った

ブラを選びましょう。

 

 

 

バストのお肉は脂肪ですので、押しつぶされたままの形になってしまい、

広がってしまう原因になってしまうからです。

 

 

 

パットをつければ、バストが大きく見えますが、パットでバストを

大きく見せることはNG

 

 

パットで大きく見せるのではなく、
”自分の体に合ったブラ”
”正しいつけ方”

 

 

で育乳しましょう

 

 

この2つのポイントを押さえれば、脇のお肉や、

背中のお肉をバストに移動させ、胸を大きく見せることはできますし、

しかもお肉をバストに定着させて、育乳することは可能

 

 

 

育乳ブラchabiのフィッティング術がとっても参考になるので、

動画を貼っておきます

 

 

育乳ブラ【chabi】のリアル口コミ!なんと1回で理想の体に!?

 

アンダーワイヤーとサイドボーンにも注目

そして、もう1つのポイントは、アンダーワイヤーと、サイドボーン。

 

 

下の図のように、アンダーワイヤーの距離が短く、

バストのバージスラインの距離にあっていないと、

脇のお肉を逃してしまうことになってしまいます。

 

 

ブラを選ぶ時って、アンダーバストや、カップサイズにしか着目しないことが

多いですが、この”アンダーワイヤーの距離”はとっても大事。

 

 

 

bra2

 

 

フィッティングしてみて、ワイヤーの距離が短いようだったら、

体に合っていないということです。

 

 

そして、サイドボーンが太く、脇を包み込む構造のものがベスト。

 

 

カップのくりが浅いと、お肉を外に逃がす原因になってしまうので、

カップのくりは深く、カップ自体の形も立体的なものを。

 

 

ストラップも細いものではなく、できるだけ、太いものがベストです。

太いストラップで釣り上げているブラのほうが、支える点が多く、

バストが安定するのです

 

 

bra3

 

 

お肉は動きますし、背中のお肉もお腹のお肉もブラのつけ方ひとつで、

胸へ移動させることがでるのです

 

 

ブラの選び方は、美乳のために、とっても重要ということです。

 

bustupdvd

 1日2分26秒でできる簡単バストアップ法

 

 

 

TOPページへ戻る⇒バストアップ方法 | バストアップブログ!胸を大きく 美乳に!

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ