バストアップするため!体の元となるお肉をたべよう!!

血となり肉となり、ホルモンとなる、お肉

ひさしぶりの投稿となってしまいました!!

実は、ちょっと体調をくずしてしまった私です。
そんな中、食事のバランスって本当に大事と痛感している今日このごろ。

 

バストアップしたい!と願いながら、大豆イソフラボンを積極的に摂取したり、
プエラリアを飲んだり・・ダイエットはしたから、野菜中心で、動物性の食材抜き+サプリ、
なんてことになっていないでしょうか?これでは力が出ませんね!
(以前の私です・・)

 

もしそうなら、体を強くする軸となる、血となり肉となる強いパワー、アミノ酸や、タンパク質、
が不足してしまっているかもしれません。
もしそうなら、お肉を食べましょう~(おすすめは牛肉のステーキ。栄養が逃げない食べ方は、シンプルに焼くこと!
カレーなどの煮込みだと、栄養が逃げます)

 

oniku
お肉って、滋養強壮に本当に効果があるんですね。
体のパワーを増してくれて、体そのものを強くしてくれますから、免疫力もあがりますし、
血流も良くなり、底力がつくというわけです。
私なんですけど、自分で言うのも恥ずかしいのですが、余計なお肉がつかないように、
どちらかというと菜食主義のような食生活をしていましたし=ちょっともやし系な体に
なってしまっていました。

今回、ちょっと体をこわして、漢方薬を処方してもらったときに先生に言われたことは、
”お肉を週2回たべてください。しかもステーキを”
(しかも・・・牛肉限定・・)

 

まあ、コレステロールが高いとか、血圧が高いとか、内臓脂肪が付きすぎです、
という方は少し控えたほぅがいい食材だとは思います。

でも、

”どちらかというとやせがち”
”あまり体が強くなくて、色白なタイプ”

こんな方は、積極的に食べたほうがいい食材なんですね。

 

なんとなく、お肉=太りやすくて、美容にはNGというイメージがありますが、
まったくの間違い。

 

毎日お肉ばかりは良くないのですが、新鮮な野菜や、豆類、海藻などとともに
取り入れるとよい食材なのです!!

 

体の力が出ることで、ホルモンもアップ!

女性にも、男性ホルモンが出ており、これも、必要なホルモンなのです。

女性って貧血になりやすいですよね?

男性ホルモンは、血液を作る助けになります。
女性は、男性ホルモンが少ないため、どうしても、貧血になりやすいのです。
お肉を食べることで、体の軸がしっかり、力がついて、女性ホルモン、男性ホルモンともに
(ホルモンが)出るようになります。
ちょっと、今日のお話は、漢方の先生の受け売りもありましたが、

血となり、肉となる、タンパク質、アミノ酸たっぷりのお肉を食べて、バストアップの土台
となる、ホルモンと体のお肉をパワーアップさせていきましょう!!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ