バストアップの基本(食事・睡眠)を見なおす!

バストアップの成果を出す!基本をおさえよう!

自力でバストアップしたいなら・・この5つはとっても大事です。

1・食事

2・睡眠=体のベースの状態を良くする

3・エクササイズ=適度な筋肉を付けて、バストのボリュームアップ、姿勢の改善を行う

4・ブラ選び=形を整える

5・リンパケア・ツボ押し=毒素を排出する、女性ホルモン・血流アップ

care2

その中でもはずせないのは、食べ物のこと。私達の体を作っているのは「食事」、ホルモンのバランスをつかさどっているのは、「睡眠」です。

1・バストアップするために効果的な食生活

バストアップのためにまずは食生活を見直していきましょう。

barance2

  • ダイエットしたいから、置き換えで粉末のスムージーで済ませている。
  • お肉は食べない。
  • ジャンキーな食べ物(カップラーメンや、パン、コンビニの揚げ物など)が大好き
  • コスメや洋服を買いたいから、食べ物代は削ってる!
  • お腹がすいたら、おかしや甘いものを食べて紛らわせる
  • 朝食は食べない
  • ご飯は食べない、主食はパスタや、パン。

当てはまるものはありますか?もしこのような食生活が習慣になっているなら、意識して変えていくようにしましょう。

わたしたちのカラダは食べ物をもとに作られています。老けてたるんだバストになってしまうのか、ぷるぷるの理想のバストを手にいれるのか、体の基礎を作るのは、食べ物です!

女性ホルモンを活性化させる食事

1・バランス重視

barance3

〇〇がカラダにいい、〇〇に効果がある、といって過剰な量を食べることはNGです。いくら効果がある食べ物でも食べ過ぎることで有害になることがあるからです。

女性ホルモンと似た働きをすると言われている、大豆イソフラボンも同じです。過剰に食べることで、卵巣に有害作用がある可能性があると言われています。

※バストアップサプリで人気のプエラリアは、大豆イソフラボンの何倍ものエストロゲン作用があるため、生理の周期が狂ったり、不正出血がおこるなどの副作用が報告されています。サプリメントは、成分が凝縮されているので、危険です。

”とにかく、いろいろな食材をバランス良く食べること。”これが美と健康なバストを作る秘訣です。

ダイエットスムージーがいい!あの食材が効果的!といって、そればっかり飲んだり、マスコミの情報に振り回されないようにしましょう!

女性ホルモンアップに効果的な食品

isofurabon

不足している女性ホルモン(エストロゲン)を補う作用がある、大豆イソフラボンは積極的にとりたいところです

エストロゲン(女性ホルモン)はコラーゲンの生成を働きかけて保湿効果、豊胸効果、生理不順の改善などの効果があります。

お豆腐、きなこ、納豆、お味噌、油揚げなど・・

特におすすめは、納豆です。納豆には、”植物性乳酸菌”が含まれているので得におすすめです。特に、納豆は発酵食品のため、話題の酵素も含まれています。(プロアテーゼ、アミラーゼ、リバーゼ、セルラーゼ)

乳酸菌と酵素の働きで善玉菌が増えて、便秘にも効果があります。毎日、1パックは食べるように心がけましょう。

冷え性を改善する食材・・・根菜

根菜

体を温める食べ物は、根菜です。(ごぼう、レンコン、にんじん、大根など)土の中で育った野菜です。

生姜やとうがらしは、一時的には体温があがりますが、根本的に冷えないからだになるというわけではありません。

体を冷やしてしまう、食べないほうがいいもの・・・砂糖、化学調味料、牛乳、菓子パン、アイスクリームなど。

良質なタンパク質・お肉やお魚を食べる

niku

ダイエットしたいから、野菜のほうがカラダにいいから、とお肉やお魚を食べていない、ということはありませんか??

良質なタンパク質は、血液、筋肉、バストに必要な脂肪のもとになります。脂肪は女性ホルモンの材料になります。女性で体脂肪が低すぎる場合に生理がとまってしまうことがあるのもこのためです。

また、お魚(いわしや、アジなど)には、ビタミンB1、DHA・EPAなど血流を良くする成分が含まれているので、シミやクスミを改善して、美肌効果も大ですお肉、お魚、しっかり食べましょう

睡眠がバストアップに効果的な理由

”22時~2時の間は、睡眠を取るようにしましょう””良質な睡眠は美容にいい”というのは聞いたことがありますよね。

では、なぜ22時~2時の間に寝る(22時に寝られる方って少ないと思いますが・・)、良質な睡眠はバストアップに効果的なのでしょうか?

1・眠くなるホルモン、メラトニンはアンチエイジング・美容に効果あり♪

meratonin

メラトニンは、20時以降、夜暗くなると出る、”眠気を誘うホルモン”。眠りを誘って、良質睡眠を促すだけではなく、アンチエイジングの敵である活性酸素を除去する働きがあると言われています

夜、パソコンやスマホなどの画面を見ると、メラトニンの分泌が鈍くなって、良質な睡眠のさまたげになります。夜はなるべくスマホやパソコンを控えて、リラックスして睡眠に備えるのがおすすめですよ^^

2・22時~2時の間にたくさん出る”成長ホルモン”はバストを成長させる!

seichohormon

できるかぎり22時~2時の間は睡眠を取るようにこころがけましょう。

ラクトゲン受容体”に成長ホルモンが作用して、バストが大きくなるからです。ラクトゲン受容体だけでは、バストは大きくなりません。この、ラクトゲン受容体に作用する成長ホルモンがさかんに分泌されるのが、22時~2時の間なのです。

成長ホルモンは、傷ついた細胞を修復したり、代謝を高める効果もあります。

ゴールデンタイムにしっかり睡眠を取ることは、お肌のターンオーバーを促して美肌になる、脂肪を分解して痩せ体質になる効果もあるのです。まさに、睡眠はお肌や細胞に深く関わっています。キレイになって、バストアップも成功する!睡眠を見直してみましょう!!

夜のお風呂タイムや、寝る前のリンパマッサージがおすすめ。

お風呂タイムや、夜寝る前にバストアップのためのリンパケアはとってもおすすめです。昼間の活動でたまった疲れをケアすることで、毒素が排出されて、ぐっすり眠ることができますし、リラックス効果が高いので、ホルモンバランスも整いますよ!

linkバストアップラボ(バストアップのための特別プログラムが組まれたDVD)を参考に、1日2.3分毎お風呂の中でマッサージしていました。こつこつ続けると効いてきます!)

labo5

15000円でエステと同じバストケアが学べます!icon-finger1-rバストアップラボ

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ